証券取引所ニュース

海外投資家身分登録申請における声明事項の増訂について

西曆2017/09/27 16:10

大陸地区の投資家における対台湾証券投資及び先物取引管理法の規定により、大陸地区の証券、銀行及び保険監督当局の認可を受けた適格国内機関投資家(QDII)に限り、台湾有価証券への投資が認められます。台湾取引所は、海外投資家に対して台湾有価証券投資に関する法令の遵守を呼びかけ、法令の誤解または理解不足による規定違反の防止を図るために、海外投資家身分登録申請表における声明事項を改定し、申請者の顧客(実質上の投資家)が有価証券投資或いは先物取引を行う場合の投資資金が、台湾或いは大陸地区以外からの送金であること、且つ、申請者或いは申請者の顧客(実質上の投資家)が大陸地区の人民、法人、団体、その他の機構或いはそれが別の第三地区での投資会社でないことを、声明事項に増訂しました。

また、香港・マカオ関係条例第四条の規定要件を満たす香港及びマカオの申請者に対しては、適格証明書類を添付し、外国人或いは華僑帰国投資条例及び為替決済に係る規定を準用することとします。

外資申請者或いは当該申請者の顧客が前述声明事項の記載要件を満たさない場合、公告後6か月以内に所有する台湾有価証券を処分しなければなりません。そして、海外投資家は着実にKYC(Know your customer)を行い、我が国の投資に係る管理規則及び証券先物取引管理法令を確実に遵守しなければなりません。

 

Top